外資系会社に採用されるための秘訣とは何か?

英会話能力の高さは重要

外資系会社に採用される上で英会話能力の高さは大切で、スムーズに英会話できないと仕事ができません。外資系ということで多くの外国人が働いていますし、日本語をマスターしている方もいますが基本的には英語で会話します。ほとんどは英語ですが、国によって必要とされる言語が異なってくるので外資系会社への就職を目指すのであれば早い段階で準備が必要です。
複雑な単語などを理解するのはもちろんですが、時にはジョークを言うなどの余裕も大切です。外国語でジョークを言うのは難易度が高いかもしれませんが、笑ってコミュニケーションをする中で仕事が一つ二つと成立することもあるのです。堅苦しい人よりも楽しい人と仕事がしたいというのは万国共通だと言えます。

挑戦し続ける姿勢も大事

外資系会社は、外国に本社があって日本に支社という形で進出しています。つまり、日本でもビジネスを展開していくという強い意志がそこにはあるので社内は非常に活気があります。わざわざ海外に進出してビジネスを展開しようとしているので、保守的な仕事ばかりではあまり意味がありません。どんどん新しい仕事を増やして会社をより大きくするのが外資系会社のあるべき姿です。
面接では、外資系会社に入ってどんな行動をしていきたいかを示すと好感触を得られる可能性が高いです。会社の方針に従って堅実な仕事をするのも重要ですが、新しいことにどんどん挑戦するという姿勢も求められます。的外れな発言は逆に信頼をなくしますが、積極的な言動を忘れてはいけません。