外資系の会社に関心を持っているなら!

スタートラインに立てる英語力を

外資系=ネイティブ並みの英語力が絶対条件!と、かなり高いハードルを見立ててしまいがちですが、必ずしもそうではありません。外資系企業と言えど、オフィスは日本にあり、ほとんどのスタッフが日本人でしょう。もちろん本国から派遣されている外国人社員もいるでしょうしが、管理職クラスがほとんどだと思います。
もし今あなたが、新卒またはスタッフレベルでの外資系企業への入社を検討しているのであれば、そこまで怖がる必要はありません。英語での面接対策として、また入社後に上司へ業務報告が行えるレベルだとアピールできるよう、自己紹介、志望動機、今までの経験をどのように活かすのかなどを、片言でも良いので論理的に説明できるよう準備しておきましょう。スムーズに話せるにこしたことはありませんが、英語力が足りない場合は採用が見送られるでしょうし、晴れて入社となったら、業務に応じて英語のブラッシュアップを図れば良いのです。

意外な落とし穴?日本マーケットにしっかり目を向けて

外資系企業というとグローバルなビジネス展開に目が留まりがちですが、日本にある外資系企業は日本国内のマーケットを担当しているケースがほとんどです。イメージが先行して海外のニュースやマーケット動向が気になるかも知れませんが、働く場所はあくまで日本、日本の業界やマーケット、コンペティターについて把握するのが先ではないでしょうか。日本にある外資系企業で求められているのは、プロフェッショナルな日本マーケット担当者なのです。
また海外では新卒採用後にスタッフを育てるという習慣がありませんので、その影響を受ける外資系企業でも即戦力となる人が求められるケースが多いです。国内のビジネス環境をしっかりと把握することに加え、これまでの経験を活かし、即戦力とアピールできる会社や業界を探しましょう。

英語で面接とは英語の知識がいかに豊富かという事が問われるのではなく、英語というツールを使ってコミュニケーションがとれるかどうかです。表示やジェスチャー、何より伝えたいと言う気待ちが大切です。